忍者ブログ

趣味のためのブログ

蝋燭のように

瞼は閉じていないのに、せばまる視界、音は遠ざかり、混ざりあい、感覚はライタを近づけた蝋燭のように溶けていく。
丁度、表面に黒く焦げた煤を浮かばせながら、溶けていく白い蝋のように。
そのとき、一定の精神法則を無視して、解ったことが一つだけあった。
しかしまた、物理法則は覆す事は出来ない、殊に時間というやつは一度すぎてしまえば、戻すことが出来ないものなので、そのとき解ったことが正しいかどうか証明はできない。
つまり、それはただの納得にすぎなかった。
それでも、構わなかった。
消えてしまうよりも。
PR
  

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R

Copyright ©  -- 趣味のためのブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]